風評被害はどうやって解決する?

風評被害はどのようなもの?

風評被害という言葉はニュースなどでよく耳にします。名前の通り、良からぬ噂が流れたために商売や会社の評判などに悪影響が出るものだというイメージは誰にでもつくでしょう。概ね間違ってはいません。風評被害とは、物や品質、サービス内容などに全く問題がないにも関わらず、「良くないもの」「危険を伴うもの」などの情報が消費者へ流れてしまい、結果として価値が下がってしまうことを意味します。
これが会社などの法人であった場合、ひどい時には負債を抱え込んで倒産してしまうケースもあるくらいです。人の噂は何日まで、などということわざもありますが、一度風評被害でイメージが下がってしまった会社やお店等は、なかなかそのイメージを払拭することはできません。自力でイメージアップを計る会社もあるでしょうが、なかなか難しいのが現実です。

自分に落ち度がある場合は自業自得

本来は身に覚えのないことで良からぬ噂を立てられ、会社の経営にまで影響を及ぼすのであれば経営する側は堪ったものではありません。
ですが、勘違いしてはいけないのは、風評被害とはあくまでも「品質やサービス等の内容に全く問題がなかった」ことが前提です。もし、会社の落ち度から生まれた悪評であれば、それはいわば自業自得です。落ち度があった、手を抜いた結果として消費者の期待を裏切ったのであれば改善して会社を立て直すしかありませんが、風評被害は、他者の何らかの圧力によるものや、予期せぬところから直接的な理由もなく悪評が立ってしまった場合を意味するので自力で立て直すには難しい面が多くあります。
そんな被害に遭ってしまった場合はどのようにして解決していけばいいのでしょうか。